1 / 11

外反母趾の原因

[2013年07月21日(日)] カテゴリ: 外反母趾一般

一般的に外反母趾は靴を履くことが原因と考えられています。
とくに、パンプス、ハイヒールなど先が細くなっていて、つま先に
荷重のかかるものをはく機会が多いので女性に多いのだと。

でもそれって正しくありません

なぜなら、外反母趾は少ないながら男性でもありますし、ハイヒールなんて
履いたことのない中学生にも結構外反母趾の子がいるから。
当院では、農家に嫁いで以来ずっとパンプスなんて履いたことのないおばあちゃんが、
ひどい外反母趾だったケースもありました。

もしも、細めの靴を履くことだけが原因であれば説明できませんよね。

本当の原因は、足の横アーチが足底部の筋力の低下によって広がって
平らになってしまう
こと。

靴を履く時間の長い現代人は、足の指に力を入れない歩き方に慣れてしまい
知らないうちに、指の力が衰えてしまっています。
特に、しっかりと地面をとらえて蹴り出す役割をする足底部の筋力低下が
顕著です。

足の裏には、縦、横2方向にアーチがありますが、これは歩行の際に地面から
受ける衝撃を吸収し分散するための構造です。

足の縦、横アーチ

そしてそのアーチを支えているのが足底部の筋肉
なのですが、これが衰えることによって、
アーチを維持することが出来なくなり
ベタッとつぶれてしまい、
足指のつけ根のところが横に広がってしまうのです。

一方、指先は母指を曲げる筋(屈筋)や
内側に寄せる筋(内転筋)に引っ張られるかたちで
次第にからだの中心から見て外側に
取り残されていきます。

さらに、指のつけ根が曲がってくると、
そこが歩行の際に地面や靴の内面で頻繁に
刺激されるようになります。
そうすると、常に刺激にさらされた指にペンだこができるのと同じ理屈で
その部分が大きく硬くなってきます。

また骨も常に刺激されると、そこが肥大する性質がありますので(膝の骨が
変形してくる過程と似ていますね)、骨自体が変形してきます。
するとまたそこがあたりやすくなって・・・・

こうして外反母趾が形成されて行きます(原因がなくならない限り変形は徐々に
進みます)。

よく外反母趾の予防や改善の目的で、足指でグー、チョキ、パーをする運動や
床に置いたタオルをたぐり寄せる運動を指示されることがありますが、
これは、衰えた指の筋力を回復し、少しでも変形を遅らせたり
横アーチを復活させることを狙ったものです。

単に硬くなった指先のストレッチではなく、もっと積極的に筋力アップを
目指しましょう。
そのためには、毎日欠かさず続けること。

でも、これが一番難しいことかも知れませんね。(笑)

次回は普段から外反母趾を予防、改善するための「歩き方」について
お話します。


1 / 11
Line@友達追加でプレゼント
お知らせ
 

予約状況が確認できます


 予約状況カレンダー

 を設置いたしました

通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
上尾市49%
さいたま市19%
伊奈町7%
桶川市3%
蓮田市3%
白岡市4%
北本市1%
川越市1%
鴻巣市3%
熊谷市2%
春日部市1%
秩父市1%
草加市1%
川口市1%
杉戸町1%
ふじみ野市1%
川島町1%
加須市1%
日高市2%
ハワイ1%
角盈男さんが来院